--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.12.14

パラディンのここが強くなった:防御編

前の記事でパラディンの攻撃面の変わった点を紹介したので、今度は防御面の変更点についてみていきたいと思います。
スキルの詳細についてはこちらを参照ください。


まずはダメージ軽減や耐性等の項目別にその数値を見ていきます。改変前後の比較だけ見たい人は飛ばしても問題ないです。

ダメージ軽減

アイアンボディ:一定範囲内の敵から受けるダメージ10%軽減
エレメンタルチャージ:10%軽減
アキレス:30%軽減
合計:43.3%

ブロック率

シールドマスタリー:40%
パラショックガード:-20%
合計:20%

状態異常耐性

シールドマスタリー:40%
エレメンタルチャージ:10%
合計:50%

全ての属性耐性

シールドマスタリー:40%
合計:40%

個人バリア

ブレッシングアーマー:被撃時50%で生成90秒持続、最大10回

HP割合ダメージ軽減

ブレッシングアーマー:25%

防御力

シールドマスタリー:+250%
アイアンボディ:+200
パラディンエキスパート:+420
エレメンタルチャージ:物理防御の上限を20,000に引き上げ

以上のスキル数値を改変前と比較すると以下のようになります
ダメージ軽減ブロック率状態異常耐性全ての属性耐性個人バリアHP割合ダメージ軽減防御力
改変前60.5%52%32%32%12回0200%,+200
改変後43.3%20%50%40%10回25%250%,+620
強化された項目は赤、弱体化した項目は青になっています。

これを見るとダメージ軽減率やブロック率、バリアの耐久が大きく落ちているのが分かると思います。特にブロック率は下げ幅が大きく数値だけ見ていると「これやばいんじゃね…」と思ってしまいます。しかし改変後ボス周りしてみた結果、
こんだけ防御関係の数値が下がっても全く問題ない
という結論に落ち着きました。
RED改変後に行ったシグナスでは、秘薬を使って状態異常耐性を100%にしていたので竜巻のスリップダメージがなかったとはいえ、HPが30,000を割ったのが1回だけという相変わらずの硬さを見せ付けてくれました。基本的にパワエリでMPを回復するついでにHPも回復するだけで十分です。
被ダメージが高めなCrazyヴァンレオンも全く危うげなく討伐できたので数値が下がったことを嘆く必要はないでしょう。


強化された物の中で最も大きいのはブレッシングアーマーの最大HP割合ダメージ軽減25%です。
以前の記事でも書いたとおり、これはマグナスやアビスボス、ヴェラッドなどが使用してくる防御系スキルを無視してHPの50%や100%のダメージを与えてくる攻撃を軽減します。また以前はこれらの割合攻撃ではブレッシングアーマーが発動しなかったのですが、改変後はHP割合攻撃でも発動するように変更されました。
対ヴェラッドを考えるなら、毒ブレスをわざと受けてブレッシングアーマーを発動させておくことで腕による即死を避けることができます。まぁ即死は避けられてもHPの75%は持っていかれるので避けるに越したことはありませんけどね。


他にも物理防御力の上限が20,000に向上したものの元からガッチガチだったせいでイマイチ恩恵が感じられません。ただし見た目はスゲー!ってなります(笑)。

最後に状態異常耐性が自前で50%まで稼げるようになったところですが、正直かゆいところに手が届かないといった感じです。
秘薬をつかえば100%耐性は余裕ですが、常時キープできるのは(エレメンタルチャージが5じゃないときは自己責任)
自前の耐性:50%+性向意思:20%+シグナスブレスLv.6:15%=85%
となります。これにデーモンスレイヤーのキャラ札(状態異常耐性増加:A2,S3,SS4%)を加えると、私の場合88%まで上がるのですが残り12%を埋めるのが少々面倒です。秘薬使うのはもったいないし、レジェ潜在で10%つけても合計100%まで上がらない……
耐性が低い職からは「贅沢言ってんなよ!」と怒られそうですが、このわずかな隙間を埋められないのがなんとももどかしい。シグナス残り2職の改変が待ち遠しいです。



総括すると、一部防御能力に関しては数値が下がったものの大きな影響はない。そして追加されたオンリーワンの能力である最大HP割合ダメージの軽減によって更に硬さに磨きがかかりました。
これからも圧倒的に硬いパラディンを楽しんでいきましょう。



追記でコメ返
>>ぺりちゃん
130までレベル上げは大変だけどがんばろう!

>>名無しさま
4次スキルのレベルについて説明させていただくと、各スキルには初期マスターレベル上限レベルが存在します。
初期マスターレベル(SPを振れる限界)は大抵10でマスタリーブックを使用することで20、30とマスターレベルを上昇させることができます。またマスタリーブックを使わない場合もSPがふれないだけで上限レベル以下であればスキルレベル上昇効果を持つアイテム等で増加させることは可能です。

今回ややこしいのは改変で上限レベルが20から30に増加したディバインチャージと新規に追加されたパラディンエキスパート、ボイドエレメンタルになります。
ディバインチャージは改変前にマスタリーブックを使用して20まで振っていた人は、改変後も20まではSPをふれるようになっています。上限レベルが30に上昇したため、コメントでおっしゃられていたようにスキルレベル+10を稼ぐとSPを振らなくても30までは増加します(上述したようにマスターレベルが上がっていなくてもアイテム効果等でスキルレベル自体は上がるため)。
一方パラディンエキスパートとボイドエレメンタルですが、こちらは新規スキルで初期マスターレベルが10に設定されています。そのためマスタリーブックを使用しないとSPは10までしかふれませんが、ディバインチャージと同様にアイテム効果等でスキルレベルを上昇させることは可能です。

これらの3スキルは全て上限レベルが30ですので、マスタリーブックを使用するとSPを30まで振ることができるようになります。この最大までSPを振っている・もしくはアイテム等で底上げしている状態で上限レベルを上昇させるコンバットオーダーを使用するとさらにスキルレベルが上昇する、ということです(ただしボイドエレメンタルなど一部上限レベルがコンバットオーダーで上昇しないものもあります)。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://bokujuofpaladin.blog.fc2.com/tb.php/50-bd967f81
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2013.12.14 22:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。